パーソナルカラーしか着てはいけないの?

好きな色が似合う色ではないということは多くあります。
似合ういろが好きな色ではないことも多くあります。

「パーソナルカラーを知ったから、似合う色しか着ません。」
というのが楽しい場合は良いですが、
「パーソナルカラーを意識すると同じ色ばかりになってしまってつまらない。」
「似合う色がお店で売っていないから買えない。」
「パーソナルカラーの色は似合うとわかっても好きな色ではない。」など、
服選びに息苦しさを感じてしまう方もいると思います。

そういう方の気持ち、わかります。私もパーソナルカラーに縛られてしまい、
手持ちの服はパーソナルカラーではない服が多かったので、
何を着ていいのかわからなくなって迷走しました。

大丈夫ですよ。パーソナルカラーは色選びの楽しみを狭めるものではないんです。
その逆です。パーソナルカラーは診断するときご確認いただけますが、
本来のお肌の美しさや瞳の美しさを出せる色・配色なので
鉄板カラー・配色 なのです。

その鉄板であるパーソナルカラーを知ることによって、
自分のパーソナルカラー以外の色も似合うラインに寄せて楽しむことが出来ます。
好きな色を楽しみたいですよね。

ちょっとコツは必要です。説明することは簡単なのですが、
そのことが腑に落ちてご自分のものにするためには、試行錯誤のお時間は必要です。

説明を聞いたときは「わかった!」と思うのですが、
段々に分かったつもりのものが曖昧になり、
自己流の解釈に変わって活かしきれなかったりします。

実際にパーソナルカラー診断の勉強していても、解釈があっちに行ったりこっちに行ったり、
自分を実験台にして、そうか!と腑に落ちるのには時間がかかりました。
おそらく今後もそうか!と思うことがたくさんあると思います。
そのくらい、自分のものにするのには時間は必要です。
そして、応用編に突入すれば果てしない楽しい冒険の旅になるでしょう(^^)。

そういう意味でも、1度診断された方も、間をあけて2度、3度と来て下さると、
理解が深まり、また新しい発見があると思います。
2度目以降は診断結果の応用編として、お顔立ちタイプ×パーソナルカラーなどいかがでしょうか。