似合う色って?

ある特定の色を似あうと感じる理由は、2つあります。

その人の持つ性格や内面から感じるイメージと色の持つイメージが合っている

その人の持つ性格や内面から感じるイメージと色の持つイメージが合っているとき、
その色を似あうと感じます。

これは色彩心理に関係します。

色にはそれぞれその色から想起するイメージがあります。
オレンジは社交的、親しみやすい。青は誠実、爽やか、等です。色彩心理をうまく使うことで、
目指す印象を相手に与えることができます。この色彩心理学は企業イメージやパッケージデザインなど様々なものに利用されますが、政治家もイメージ戦略でよく利用しています。例えば小池都知事は「クリーン」「公平」「リラックス」をイメージさせる緑をイメージカラーとしています。


その人が生まれ持った色素と特定の色・配色が合っている

その人が生まれ持った色素と特定の色・配色が合っているとき、その色を似合うと感じます。
その似合う配色・色がパーソナルカラーです。

パーソナルカラーは、その人の生まれつき持っている色素を美しく見せる色です。

パーソナルカラーの良い点

○肌がきれいに見える(シミやしわなど見せたくないものを目立たせません。)
○輪郭がシャープにリフトアップして見えるので、小顔効果があります。
○程よい血色で健康的に、元気に見えます。
 ⇒ その結果あか抜けるので、おしゃれに見え、よい印象を相手に与えます。自分も気分が上がります。

年齢とともに肌はくすみ、しみやしわが増えることは自然なことです。
でも目の色や肌質は生まれ持ったものなので年齢が変わっても変わりません。
同じくパーソナルカラーも変わりません。
パーソナルカラーを味方につけることで、雰囲気美人は永遠です。

一生のうちに一度、パーソナルカラー診断を受けてパーソナルカラーを知ることをお勧めします。

診断を受けて下さった方が、次にお会いした時パーソナルカラーを活かしたコーディネイトをなさっているとイメージがより素敵になっていて、「パーソナルカラーは本当なんだ」としみじみ感じています。

本当だから診断をしているのですが(笑)、そのくらい効果があり、その姿を拝見すると嬉しく思います。

私の体験談になりますが、パーソナルカラーを知って良かったこと⇒こちら