パーソナルカラーを知って良かったこと

私がパーソナルカラーに出会うまえはどうだったかというと、

 若い頃にはオシャレに無頓着。(今から思えばもったいない。)
子育てに専念していたときは、
デザインより機能性(汚れてもいい、動きやすい)とコスパ重視。
それはその時の必要性に合っていて良かったのです。

しかし、40代後半になったときに問題が…。
あまりにもファッションと向き合わずに生きてきたので、服選びの迷子になってしまったのです。

 体型も代わり、年相応のおしゃれをしたいと思ったときに、
そういう服ってどんな服なのか全くイメージがわきませんでした。
お店も何処に行っていいのか分かりませんでした。

 誰かに教えて欲しい!客観的に似合うものをアドバイスして欲しい!と思い、
パーソナルカラー診断」を受けました。よくあることですが、好きな色と似合う色は違いました。

その後もっと知りたくて、
ファッションコンサルタント(パーソナルカラー診断をしてくださった先生)と一緒にお店にいく
『ショッピング同行』で、アドバイスを受けながら服を選んで試着して、
自分では選ばなかったスタイルも似合うんだ、どころか、こっちの方が似合うんだ!という体験をし、
発見にワクワクしました。

 次に『スクラップブック』を作りました。雑誌から好きな服を切り抜きました。
診断の時の説明を意識して選んだので全部似合う服だと思っていたのですが、
そうではなく、先生に似合う服、工夫が必要な服と、似合わせるのは難しい服を振り分けていただき、
自分の似合う軸を確認できる私だけの『ファッションブック』が出来ました。

 その時の経験をもとに服を選び、試行錯誤して数か月たったころから、
ときどき嬉しい言葉もかけてもらえるようになりました。
知ることと分かることは違うので、分かるには時間がかかりますね。

そんな私がパーソナルカラー診断を受けて良かったと思う点をいくつかご紹介します。

 

〇欲しくて買ったのに、家で着てみたらなんだかパッとしなくて、ほとんど着なかった。
または、外出着として購入したのに、初日から部屋着に。
という無駄な出費がぐんと減りました
(色以外の失敗もあるので、そこは経験値をためましょう。)

〇似合うポイントを知ることでプチプラアクセサリーで楽しめるようになりました。

高級なアクセサリーは沢山は買えませんが、
プチプラならいくつか購入できコーディネイトに華を添える
バリエーションを増やせます。
似合っていると、お値段以上に見えます

〇「似合うかな~。冒険しすぎかな~。着回しがきいた方がいいよね。」
と無難な色と信じた色を選んでいました。
しかし、それが自分に似合う色ではなかった場合、地味になってしまう(涙)…
という失敗がなくなる。

『無難な色=似合うベーシックカラーではありません。
似合うベーシックカラーも人それぞれ違います。
似合っていれば、地味でなく上品におしゃれに見えるものです。
着回すアイテムは似合う色の方がいいですよね。

〇服の色の違いで、顔色が全然違って見えるということを体験できた。 

 様々な色の布を顔の近くにあてて顔色の変化をみるということは、
普段なかなかしないと思います。だから似合う色が顔の近くにある時と、
似合わない色が顔の近くにある時の違いを見たときにはびっくりしました。
似合わない色のときは見た目年齢が上がってしまいます。
メイクの流行色を使いたいときに、流行ど真ん中の色では似合わないときがあります。
そんなときに似合っていてかつ流行のエッセンスを取り入れる色選びができます。

では…色が似合っているのに、なんだかしっくりこないと感じるとき

それはほかの要素を考えてみると似合うベースに上げることができます。⇒こちら